ロコモサプリメントでロコモ対策

ロコモサプリで将来の健康をしっかり確保していこう!

元気な老後

年をとると関節のトラブルが多くなります。
関節の痛みや、違和感を感じている人は多いのではないでしょうか。
しかし、激しい痛みではない場合は、我慢をしてしまったり、気にしないようにしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、関節のトラブルを我慢してはいけません。
何故かと言うと関節のトラブルは、基本的に次第に悪化していきます。

 

事故による怪我などで、時間経過と共に必ず治癒するとケースは別ですが、加齢によるものはそうはいきません。

 

我慢をする事で、他の場所にしわ寄せがきたり、また、動かさないようにする事で筋肉が衰え、さらにその箇所が弱ってしまうという事にもなりかねません。

 

そして関節が本格的にダメージを受けると、人工関節にするしかありません。
ひざの痛み
将来の介護生活者を減らすために、ロコモサプリが登場しました。
関節を良くするには、グルコサミンなどの軟骨成分の他に筋肉成分も必要です。
筋力が衰えると歩けなくなります。軟骨が減ると痛みがでます。
痛いから歩かなくなり、筋力が衰え歩けなくなり要介護者になってしまいます。
そうならないためにも、程度な運動と軟骨成分、筋肉成分を栄養として補給する必要があります。ただ食物から軟骨成分や筋肉成分をバランスよく摂取するのは大変です。
そこで、ロコモサプリが注目されることになりました。

 

ロコモサプリには、軟骨成分だけでなく筋肉成分も配合されています。
グルコサミンだけでは補いきれない筋肉成分も補えているのがロコモサプリです。

 

 

 

 

 

「ロコモ」とは?

運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。
進行すると介護が必要になるリスクが高くなることをいいます。

介護生活

ロコモは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。
進行すると日常生活にも支障が生じてきます。

 

2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱しました。
いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが今もとめられています。

 

なぜ、このロコモティブシンドロームというのが、今問題視されているのでしょうか?
ご存知の通り、日本人は他の国と比べても、平均寿命が長い国民です。
男性では約80歳、女性では約86歳の平均寿命があると言われています。

 

ですが、健康寿命、つまり健康の問題がなく介護の必要がない状態で過ごすことのできる寿命は違いますm
男性の健康寿命は約71歳、女性では約74歳となっています。
なので、男女共に約10年近く介護が必要な寿命があるということが言えるのです。

 

もし、日本の老人のほとんどが要介護になったら今の社会は成り立たなくなります。
そこで、ロコモ対策が必要というわけなんです。

 

今の日本で、 介護が必要になった人の原因の、内訳をご存知でしょうか?
なんと、ロコモティブ症候群つまり、運動機能に障害が起こってしまい、介護が必要になるというものが約25%で、第一位です。

 

認知症や衰弱などが原因の介護よりも、確率が高いということで予防に注目が集められています。

 

ロコモティブ症候群の予防にはロコモサプリを!

 

このように、全ての人が今から予防する必要があるロコモティブ症候群ですが、どのようにして予防できるのか。

 

 

適度な運動や食事により、筋肉や骨などを丈夫に保つ必要があります。
筋肉や骨を丈夫に保つために必要な栄養素として、タンパク質や グルコサミンなどがあります。
しかし、食事量が減ってしまうお年寄りの場合、食事だけでは必要な栄養素を補えない場合が多いと言えます。

 

そこで、ロコモサプリが様々なメーカーから発売されています。
ロコモサプリによって、どのような効果が期待できるでしょうか?

 

筋肉や骨を支えるために不足している栄養を、ロコモサプリによって補うことができます。
ロコモサプリだけではなく、それに加え運動など自分でできることを行っていくなら、ロコモティブ症候群の予防に非常に有効だと言えます。

 

健康寿命伸ばしたいという方は、ロコモサプリによって対策を始めてみてはいかがでしょうか?

 

介護の原因第一位
介護が必要になる原因の最も多い理由は、運動機能の障害です。
つまり、移動や日常生活が自分で行えなくなる、という場合です。
認知症や衰弱などよりも多い原因ということで、改善が必要とされています。

 

予防にはロコモサプリが効果的
このように予防がとても大切な障害ですが、ロコモサプリには、効果があると言われています。
ロコモ対策に良い成分をたっぷり含んだサプリメントが、様々なメーカーから販売されています。
コラーゲンやヒアルロン酸などの骨や筋肉を支える効能を持ったロコモサプリに含まれているこれらの成分は、ロコモ予防に非常に効果的です。
気になる方は、今から効果絶大なロコモサプリをぜひ始めてみてはいかがでしょうか?
ロコモサプリの効果を実感したいなら、筋肉成分入りがおすすめ

 

 

ロコモティブシンドローム予防のカギは『筋肉』

ロコモティブシンドローム、略称ロコモは運動器官の障害のことですが、運動器というのはどのようなものでしょうか?
運動器は、筋肉や骨、関節や椎間板、軟骨といった、どれかが欠けても運動機能を低下させてしまうものです。
どれかがひとつ悪くても、うまく動くことができなくなります。
体をいつまでも自分の思い通り、自由に動かすことができるためにはすべての器官を健康に保つ必要があります。

 

それぞれが連携して動いている為、バランスの良い予防や改善が必要になっていきます。
その中で、これまで多く注目されていたロコモサプリなどによる予防の目的は、グルコサミンなどの摂取により骨や軟骨を丈夫に保つことでした。

 

しかし、先ほど述べたようにすべてが連携して動いているため、筋肉を丈夫にすることも大切だということがわかっています。

 

 

筋肉トレーニングとロコモサプリ

ですから、筋肉の力が低下するとロコモになりやすいということです。
それで、適度な運動や筋肉トレーニングも非常に大切です。
くれぐれも怪我のないようにしてくださいね。
最近のロコモサプリでは、筋肉成分を摂取できるサプリが増えています。

 

筋肉をつくるもととなるタンパク質、タンパク質から変化するアミノ酸など、多く摂取することが必要です。
それで、食事量が減りやすい高齢者などは、ロコモサプリなどによって補うことが必要です。
筋肉の力の低下を防ぎ、いつまでも自分で元気に動ける体を保てるよう、ロコモサプリを始めることをおすすめします。

 

ロコモサプリ選びは、関節に効くものを選ぶのがおすすめ!

ロコモのサインは関節の痛みから!
ロコモのサインはまず、関節の痛みから始まることが多いと言われています。

 

つまり、膝が痛い、足首が痛い、つまずきやすくなったなど足の筋力の低下や、関節が痛むということがサインとなります。
そして、衝撃的なデータかもしれませんが、介護が必要となる主な原因は、今現在日本人の約25%がこのロコモが原因となっています。

 

認知症や衰弱などよりも多いということで、非常に注目されている障害です。
健康寿命を延ばすために、ロコモ予防は必ず必要です。

 

 

ロコモの原因

 「運動器の障害」の原因には、大きく分けて、「運動器自体の疾患」と、「加齢による運動器機能不全」があります。

 

運動器自体の疾患(筋骨格運動器系)

 加齢に伴う、様々な運動器疾患。たとえば変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、易骨折性、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症など。
あるいは関節リウマチなどでは、痛み、関節可動域制限、筋力低下、麻痺、骨折、痙性などにより、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたします。

 

加齢による運動器機能不全

 加齢により、身体機能は衰えます。筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下などがあげられます。
「閉じこもり」などで、運動不足になると、これらの「筋力」や「バランス能力の低下」などと、あいまり、「運動機能の低下」が起こり、容易に転倒しやすくなります。 

 

ロコモは国民病です。
 変形性関節症と、骨粗鬆症に限っても、推計患者数は4700万人(男性2100万人、女性2600万人)とされています。
ロコモはまさしく国民病といってよいでしょう。
ロコモは、「ねたきり」や「要介護」の主要な原因です。
 ロコモは、「メタボ」や「認知症」と並び、「健康寿命の短縮」、「ねたきりや要介護状態」の3大要因のひとつになっています。

 

 ご高齢の方は、これらの「加齢」や「運動不足」に伴う、「身体機能の低下」や、「運動器疾患」による痛みや、易骨折性(軽微な外傷による骨折)など、多様な要因があいまって、いわば「負の連鎖」がおこります。
そして、バランス能力、体力、移動能力の低下をきたし、ついには、立って歩く、衣服の着脱や、トイレなど、最低限の日常生活動作(ADL)さえも、自立して行えなくなり、「健康寿命の短縮」、閉じこもり、廃用症候群や、寝たきりなどの「要介護状態」になっていきます。

 

メタボとロコモ

メタボリックシンドロームは、心臓や脳血管などの「内臓の病気」で「健康寿命」が短くなったり「要介護状態」になるのに対し、ロコモティブシンドロームでは、「運動器の障害」が原因でおこります。
「ロコモ」と「メタボ」や「認知症」を、合併する方も多いという報告もあります。
高齢者のtotal healthの観点からは、幅広い対応策が必要です。

 

年を取って、寝たきりや、痴呆になって、要介護となることはできるだけ避けたいものです。
これらの「健康寿命の延伸」、「生活機能低下の防止」には、予防、早期発見・早期治療が重要です。

 

ロコモティブ:Locomotive

 「運動の」という意味です。
「機関車」という意味もあります。
能動的な意味合いをもつ言葉で、「運動器」は広く「人の健康の根幹である」という考えを背景とし、「年齢」に否定的なイメージを持ち込まないことが必要だと考えて、選んだものです。

 

運動器(locomotive organs)とは
 運動器とは、骨・関節・靱帯、脊椎・脊髄、筋肉・腱、末梢神経など、体を支え(支持)、動かす(運動・移動)役割をする器官の総称です。

 

ADL(エーディーエル)Activities of Daily Living 日常生活動作
 日常生活を送るのに「最低限必要な、日常的な動作」のことです。
例えば,寝起きや移動,トイレや入浴,食事,着替えなどです。
Aはアクティビティー(activity)で動作、DLはデイリーリビング(daily living)で日常生活の意味。
直訳すれば,「日常生活のいろいろな動作」です。
高齢者や障害者の身体能力や、障害の程度をはかる、重要な指標となっています。

 

介護保険制度では、これらの動作一つ一つを、「できる、できない」で調査し,その結果で,その人に必要な介護レベルを決めています。
日常生活動作が自立しているので,「通常の日常生活」が送れると誤解される場合がありますが「通常の日常生活」ではなく、あくまで「日常生活を送るための最低限の動作」を指しています。

 

平成16年度厚労省国民生活基礎調査によると、
要介護になる理由は脳卒中(29%)、老衰(15%)、認知症(13%)、骨折・転倒(11%)、関節疾患(9%)などです。
また、要支援は老衰(22%)、関節疾患(18%)、脳卒中(12%)、骨折・転倒(11%)、心臓病(7%)などです。

 

健康寿命とは、健康で日常的に「介護を必要としない」で、「自立した生活ができる」生存期間のことです。
平均寿命より短くなります。
平均寿命から介護(自立した生活ができない)を引いた数が健康寿命になります。
日本人の「健康寿命」は、男性で72.3歳、女性で77.7歳、全体で75.0歳であり、世界第一位です。(WHO:2004年)

 

廃用症候群とは、
 「安静状態」が、「長期に続く」事によって起こる、心身のさまざまな「機能の低下」等を指します。
筋萎縮、関節拘縮、褥瘡、骨粗鬆症、起立性低血圧、精神的合併症、括約筋障害(便秘・尿便失禁)などが起こります。

 

「ロコモ:運動器症候群」と「運動器不安定症」のちがい
 「運動器不安定症」は、いわば「転倒リスクが高まった、運動器疾患」といえます。
具体的には、
65歳以上であること、
運動機能低下をきたす疾患(またはその既往)が存在すること、
日常生活自立度判定が、ランクJまたはAであること、運動機能評価テストの項目を満たすこと、が条件です。

 

 「ロコモ:運動器症候群」は、より広い疾患概念です。
「運動器の機能不全」のみならず、「要介護リスク」が高まった状態をさします。

 

たとえば

  • 階段を昇るのに手すりが必要である
  • 支えなしには椅子から立ち上がれない
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 転倒への不安が大きい
  • この1年間で転んだことがある
  • 片足立ちで靴下がはけない
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 家のなかでつまずいたり滑ったりする

などが含まれます。

 

参考文献
運動器不安定症とは:日本臨床整形外科学会
ロコモティブシンドロームって何?
 朝日メディカル2009年3月号

 

 

 

 

おすすめはロコモサプリ

ロコモを予防するためには、どのようなことができるでしょうか?
大切な点は、毎日の運動、食生活などの生活習慣です。

 

筋肉や骨を強くする運動を少しずつ行うことは非常に大切です。
また大切な点として、筋肉や軟骨、骨、関節などの器官を作る栄養素、またそれらの動きを助ける栄養素を積極的に摂取することが必要です。
もちろん、食事で取り入れることが一番良いのかもしれませんが、食事の量が減ってくるお年寄りは、必要な栄養素を全て食事からとるのが難しいという場合もあるでしょう。
そこで、関節に痛みのある方は軟骨を含んだロコモサプリがおすすめです。

 

 

ロコモサプリを飲んで、運動を組み合わせることで、大きな効果が期待できます。
健康寿命を伸ばすのに大切なロコモ予防。今から始めて、健康的に長生きしましょう。

 

ロコモティブ症候群を予防するには、ロコモサプリが効果的なんです!

 

ロコモプロ




ロコモプロとは
軟骨を形成している成分と言われているのが、水分、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、2型コラーゲン。

 

中でもプロテオグリカンは、軟骨のトラブルの予防、改善、痛みの軽減と様々な方面に効的。ただ、希少成分の為、配合しているサプリは少なかった。

 

ロコモプロはその希少成分であるプロテオグリカンをしっかりと配合し、ヒアルロン酸、2型コラーゲンも配合した事で、軟骨成分を全てカバー。

 

また、日々摂取するロコモサプリと言う点から、安全性も気になる事かと思いますが、飲料メーカーのDyDoが製造をしてる事で安心して摂取が可能。
価格 2,970円 ⇒ 980円
評価
軟骨成分 プロテオグリカン、2型コラーゲン、ヒアルロン酸
ロコモプロの通販情報
<商品の仕様>
内容量:60粒(1か月分)
摂取量:1日2粒目安
粒のタイプ:タブレット

 

<お得な通販情報>
通常価格:割引なし
お試し:2,970円 ⇒ 980円(33%OFF)
配送料:540円/5000円以上購入で全国送料無料
手数料:代引き手数料無料
返金保証:-
特典:-
公式ページはこちら

 

 

ロコモア


ロコモアとは
関節痛に効果があると言われるのがグルコサミンになりますが、それ以外にも効果的と言えるのが、このロコモアに配合されているイミタゾールペプチド。

 

立つ、歩くと言う運動に必要なのは筋肉成分であるとサントリーは考え、20年以上の研究を続けた結果、配合が可能となった。

 

カツオやマグロなどの回遊魚、そしてアスリートの筋肉中に多く含まれているイミタゾールペプチドを配合する事で、しっかりと関節をサポート。

 

そこに軟骨成分を配合する事で、筋肉、関節、軟骨のあらゆる面から歩みや、運動のフォローが可能に。
価格 5,940円
評価
軟骨成分 イミダゾールペプチド、グルコサミン、ビタミンD、
ケルセチンプラス
ロコモアの通販情報
<商品の仕様>
内容量:180粒(1か月分)
摂取量:1日6粒目安
粒のタイプ:タブレット

 

<お得な通販情報>
通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:5,940円 ⇒ 5,346円(初回10%OFF)
      ※最低継続回数:1回
配送料:送料無料
手数料:手数料無料
返金保証:−
特典:−
公式ページはこちら

 

 

ロコモエース


ロコモエースとは
プロテオグリカン、2型コラーゲン、ヒアルロン酸と言った軟骨成分をそのまま配合したロコモサプリがこちらのロコモエース。
グルコサミン等をあえて配合しない事で、1日に必要なサプリメントの粒数を少なくし、継続する為の負担を軽減。

 

水なしでも飲める為、飲み忘れ防止に有効な、膝や歩みの為のサプリメント。
価格 4,320円
評価
軟骨成分 プロテオグリカン、2型コラーゲン、ヒアルロン酸
ロコモエースの通販情報
<商品の仕様>
内容量:90粒(1か月分)
摂取量:1日3粒目安
粒のタイプ:タブレット

 

<商品の仕様>
通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:4,320円 ⇒ 1,980円(初回54%OFF)
      ※最低継続回数:4回
配送料:630円/5,000円以上送料無料
手数料:300円
返金保証:−
特典:定期購入初回、サプリメントケースプレゼント
公式ページはこちら

 

 

もっと他のロコモサプリをみる

 

ロコモ予防に効果が期待できるロコモサプリ、含まれる成分と効果とは?

ここでは、ロコモティブシンドロームという障害そのものについて、また予防に効果的なロコモサプリに含まれている成分と効能についてまとめています。
役立てていただければ幸いです。

 

ロコモサプリに含まれる成分

骨を丈夫にしてくれる成分
コラーゲン
コラーゲンと言うと、美肌効果などが真っ先に思い浮かぶかもしれません。
しかし、実はコラーゲンは、骨を丈夫にする上で非常に大切です。
コラーゲンは、骨の土台を作ってくれるからです。
なんと、骨の約半分を占めているのです。
それで、コラーゲンが少なくなってしまうと、骨の強度が弱まってしまいます。
コラーゲンの成分を含むロコモサプリは、非常におすすめです。

 

 

軟骨に効く成分
プロテオグリカン
あまり聞き慣れない成分ですが、これは鮫の軟骨に含まれている軟骨成分です。
軟骨が弱くなると、関節が痛んだりし、体をスムーズに動かす上で非常に厄介です。
それで、プロテオグリカンなど、軟骨成分を含んだロコモサプリをおすすめします。

 

 

ロコモ対策に非常に効果があるロコモサプリ、効果的な飲み方は?

ロコモ対策を始めておられる方の中に、ロコモサプリを用いておられる方も多いのではないでしょうか?
ロコモサプリは、ロコモ対策にとても効果的です。
筋肉や骨を丈夫に保つことで、ロコモを防いでくれます。
しかし、せっかくお金を払ってロコモサプリを使われるのであれば、是非効果的な飲み方をするようにして下さい。
飲むタイミングなど、飲み方に実はコツがあるということをご存知でしたか?
ロコモサプリには様々な成分が含まれていますが、主な成分とその飲み方の注意点などについてまとめてみました。

 

ロコモサプリは、いつ飲む?

ロコモサプリには多くの場合、骨や筋肉に効く成分、また軟骨に効く成分などが含まれています。
そのなかには、グルコサミン、カルシウム、コラーゲンなどがあります。

 

どのような時間帯に摂取する飲み方が良いのでしょうか?
タイミングは非常に大切です。

 

サプリメントは、基本的に食後に飲むのがおすすめです。

 

なぜなら、胃が空っぽの時には、胃腸に負担がかかってしまう場合が多いからです。
ロコモサプリに関しても同じことが言えます。

 

そして、一度に全ての量を摂取するのも良いですが、1日に飲む量を分ける飲み方もおすすめです。

 

体の中に、その栄養成分を切らすことなく取り入れ続けることができるからです。
また、寝る前に飲むというのも寝ている間に栄養を吸収できるので、勧められています。

 

基本的には食後、そして1日その栄養素が切れないように注意して飲むのがお勧めですが、飲む期間中はくれぐれも用量や用法などメーカーの指示に従ってください。

 

ロコモサプリの考えられる副作用

グルコサミン
ロコモサプリの多くには、骨や関節、軟骨を丈夫にするのに有効だとして、グルコサミンが含まれている場合が多いと思います。
グルコサミン自体は非常に安全な成分です。
なぜなら、私たちの体内でも作られている成分の1つだからです。
それで、継続してロコモサプリによってグルコサミンを摂取しても基本的に副作用は起きません。
しかし、体質によっては副作用が出る方もおられるようです。
吐き気、胃腸の調子が悪くなるなどの副作用ですが、重篤な副作用は報告されておらず、それらもすぐに改善するそうです。
しかし、気を付けていただきたいのは副作用ではないのですが、アレルギーがあるということです。
ロコモサプリだけではなく、グルコサミンを含むサプリメントの多くは、グルコサミンの原料に甲殻類を使用している場合があります。
カニやエビなど甲殻類のアレルギーがある方は、原料をよく確認することで副作用を過ぎましょう。

 

 

ロコモ予防をする理由

なぜロコモ予防が必要なのでしょうか?

 

ロコモとは、体の運動機能が低下して、日常生活が自立して行えなくなった状態のことを指します。
進行すると介護が必要になったり、寝たきりになるので非常に厄介な障害です。
運動機能に関係している器官は、筋肉、骨、関節、軟骨などです。
このような器官は、年齢とともに自然と衰えていきます。
しかし、運動をする上で全ての器官が連携して動いていますので、
その部分を丈夫に保つことが必要です。
ロコモ対策をしなければ、長い間自分の足で歩き続けることはできません。
そして、介護など家族の負担も増えてしまいます。
いつまでも元気で、自分らしく過ごしたいという方は、ロコモ対策をぜひ始めてみてください。

 

ロコモ対策にはロコモサプリを

ロコモ対策のためできることは、食事や運動などがあります。
特に、おすすめしたいのはロコモサプリです。
手軽にロコモ対策に必要な栄養素を、摂取できるからです。

 

 

いつもの生活の中で、ちょっとした動き、例えば歩いている時や、階段昇り降りなどでひざの曲げ伸ばしがあった時に最近痛みを感じる事はありませんか?

 

ひざ等に痛みを与える原因の一つに年齢を重ねるにつれ、どうしても避けられない、軟骨成分が減少し、骨と骨とがぶつかり合う現象が起こります。
実はその際に痛みを感じるのです。

 

 

 

あなたはロコモの可能性ないですか?

 

「メタボ」に続き今注目の 「ロコモ」
ロコモという言葉は聞きなれない方も多いと思いますがメタボに続き医学界で注目されているロコモーティブシンドロームの事で日本語に訳すと「運動器症候群」

 

骨、筋肉、間接などの運動を伝える神経が衰えて普段の生活に必要な立つ、歩くことが困難になり、やがて介護が必要になって最悪の場合寝たきりになってしまう可能性があります。
しかも今このロコモ、40歳以上の約80%がなっているというデータもあるというからびっくり!
残念ですが骨、筋肉、間接などの運動を伝える神経は歳をとるとともに確実に衰退していきます。
その前に対策が必要になるというのは言うまでもありませんね。

 

 

 

それでは簡単なロコモチェックをしてみましょう。

 

ひとつでも当てはまったら要注意です。

  • 階段の上がり下りが大変
  • 腰のだるさがとれない
  • 重い荷物を持って歩くのがしんどい
  • 長時間歩くと膝が痛い
  • 家の中でつまづいたり滑ったりする
  • 片足立ちで靴下がはけない

 

どうでしたか?

 

あなたは大丈夫でしたか?

 

ロコモサプリメントは、健康で丈夫な骨、筋肉、軟骨などの形成を助けます。
骨、筋肉、間接などの運動を伝える神経は歳をとるとともに確実に衰退します。
40歳以上の約80%がロコモ「運動器症候群」になっているというデータもあるくらいです。

 

ですから心配な方は今のうちにロコモサプリを摂って解消しましょう。

 

 

想像してみてください。

 

あなたが毎日悩んでいるつらいひざの痛みが解消され、階段や坂道をスムーズに歩いている姿を♪

 

きっと今までの悩みが嘘のようで、毎日が楽しくなりますよ。